社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
七夕~2歳児~
2022-07-06
7/7の七夕に向けて笹飾りをしました
飾り付けをする笹は保育園の裏山のものを使用します。
 
この日の為に作り溜めてきた飾りを一つひとつ子ども達の願い事を乗せた短冊と共に飾り付けました。
子ども達は「この飾りがいい」など選びながら手に取っていました。
 
毎年、10日〈今年は7日〉に「お焚き上げ」を行います。
理事長先生にお経を唱えてもらいながらみんなの願いごとが叶うようにお参りします。
 
日本の伝統文化ならではの風習や仏教保育の心を感じる行事です。
手を合わせお経に耳を傾ける。言葉で伝える以外にも雰囲気で感じることのできる時間です。
言葉で伝えなくても雰囲気で感じる事。自分で感じ考える事が必要です。大切におしていきたいです。
 
プール開き/プール遊び
2022-07-05
7/1にプール開きを行いました。
今年は天気が良すぎるくらい良く、暑い日が続いていたので待ちに待ったプール開きでしたenlightened
理事長先生にプールサイドでお参りしてもらい、子ども達はプールサイドや各保育室から手を合わせお参りしました。
 
いつも理事長先生が「ののさま(お釈迦様)に理事長先生から事故、怪我のないようお願いしておきましたが、みんな(子ども達)が先生のお話しを聞いてプール遊びをしてくれないと楽しめなくなるんだよ」とお話してくれます。
 
その話を聞き、子ども達だけでなく職員も安全に配慮し、事故、怪我のないよう努めるよう気が引き締まります。
消防署員に応急救護の講習は受けましたが、日々の安全確保にしっかり努めていきます。
 
プール開き後は順番でプールに入り、水の感触を楽しみました。
 
 
 
 
じゃがいも掘り~5歳児~
2022-07-04
3月に植えたじゃがいもが収穫時期を迎えました
連日の暑さの中での収穫、迷いもありましたが台風4号の進路も気になり・・・
9日のお楽しみ保育でもじゃがいもの使用予定があり・・・
 
思い切って暑い中、収穫をしました
職員が掘り起こし、子ども達には拾ってもらう形になりましたが、大きいじゃがいもがたくさん
 
拾い集めたじゃがいもは今後しばらくお楽しみ保育後も給食でお昼ご飯やおやつに提供していきます。
種芋から茎が伸びている様子やツルにたくさん芋がついている様子を見て不思議そうに見ていたり驚いたり、また新たな発見がありました。
 
関係者専用ページ
2022-06-30
◎本日、3歳児/と5歳児の「関係者専用ページ」を更新しました。
 ログインにはパスワードが必要となります。
 
他の学年も順次更新してきます。
 
絵画指導~4歳児~
2022-06-30
毎月1回、3.4.5歳児は順番で絵画指導がありますenlightened
今月は4歳児でした。
 
4歳児は今年度初めての指導ということで「色作り」を行いました。
絵の具はどの学年も毎回赤・青・黄・緑・白の4色のみを使用します。
 
色作りでは絵の具を混ぜると様々な色が出来る事を楽しみます。絵の具の量も講師の先生から指導はありますが、
子ども達が自分でチューブから出すので子ども自身の匙加減になり、同じ色身を作っても微妙に違う色になりアジが出ます。
 
次回からは自然物の描写など行っていきますがどの絵の具とどの絵の具を混ぜたらどんな色になるのか、子ども達も考えていきます。絵画指導では一人一つバケツや絵筆、パレットを使いますが「自分のものがある」という事は大切にしますし、興味、関心も沸きます。
子どもが楽しんで行えるよう環境をしっかり整えていきたいです。
 
スライム作り
2022-06-29
食紅、ホウ砂、洗濯のりを作ってスライムを作りましたenlightened
今回は初めてのスライム作りだったので職員が中心に作ったものを提供しました。
 
青、赤、黄色、緑の4色を作りプリンカップに入れて好きな色を選んでもらいました。
初めは「何これ~??」と不思議そうに見ていましたが触ってみるとその感覚に・・・
 
「ぐにょぐにょ~」「濡れてるみたい~」「伸びる~
っと大喜び
 
そのうち、好きな「色を混ぜていい??」と混ぜて様々な色を混ぜて楽しんでいました
また、夏の間に作って遊びたいです。
 
園庭遊び~0.1.2歳児~
2022-06-28
梅雨が明けましたね。
早くも夏の訪れですが、水不足が心配です
 
7/1にプール開きを行い、本格的にプール遊びや水遊びが始まりますがこの暑さ。。。
0.1.2歳児もタライに溜めた水で遊んだりして水に対する子ども達の反応を見て水遊びに活かしてみたり様子を見ています。
 
暑い中、子ども達も水に触れる事で気持ち良さを感じたり快適に過ごせる工夫をしています。
 
 
カレー作り
2022-06-27
畑で育てた野菜を使ってカレー作りに挑戦しました
畑の野菜だけではまかないきれませんでしたが、玉ねぎの皮むき、ピーマンの種取り、じゃがいも、人参の皮むき、人参、ピーマン切りを自分でどれをやりたいか選びました。
 
皮むきのピーラーと切り物の包丁は職員と一緒に行いました。5歳児は日々の保育の中で野菜切りを体験しているところなので「自分でできるよ」と慎重に取り組む姿が見られました
見ていて「うわっ」「あ~っ」と心配になる事も多いですが子どもを信じて見守る事も必要と思い手を出さないようグッと我慢
 
「幼児組」と思っていましたが、2歳児も皮むきに挑戦したり、3歳児には難しいと思っていた包丁も職員と一緒に参加したりとあらかじめ想像していた事以外の想定外もありましたが、職員も良い経験となりました。
子どもの興味、関心は大人の斜め上をいきます。
 
関係者専用ページ
2022-06-24
◎本日1歳児/4歳児の関係者専用ページ」を更新しました。
 ログインにはパスワードが必要となります。
 
他の学年も順次更新していきます。
 
園庭遊び~4歳児~
2022-06-24
園庭遊びでは4歳児もどろんこ遊びが大好きですenlightened
最近はあらかじめ、はだしで遊ぶお友達もいます。足の裏で感じる砂の感覚が気持ち良いようです。
 
虫が出てくる季節でもあるので虫探しも楽しみな遊びの一つです。
「友達と遊ぶ」ことが楽しくなる年齢。
 
ケンカもするし、思い通りにいかず納得できない時もあり、思いが伝わらず誤解が招くトラブルもありますが、一緒に楽しんだり、一緒に見つけたり、一緒に捕まえたり、一緒にかけっこしたり、一緒に穴を掘ったり。同じ遊びを同じ空間で同じ気持ちで遊びに向かう事はかえがえのない楽しさです。
 
年長児、就学に向けて相手の事を思いやったり助けたり、待ったり、年下の子のお世話をしたり段々と自分だけでなく周りの事が見えていきます。素敵な成長ですが、子どもの気持ちや思いに目を向け耳を傾ける事を忘れずに一緒に過ごしていきたいです。
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
横沢入り散歩
2022-02-21
寒さの厳しい日が続きます
横沢入りでは先日降った雪がまだ残っています
 
3歳児散歩に出かけ残り雪で遊んできましたenlightened
冷たかったですが、ちょっと固くなった雪を踏んで感触を楽しんだり触ったりし楽しみました。
この時期、田んぼに氷も張っていてスケートもできます。一年通して新たな発見や楽しみがある横沢入りです。
 
見る、聞く、だけでなく触れたり感じたり、五感を使って自然の移り変わりを感じる事で豊かな心の成長の糧の一部になると良いです
 
絵画指導
2022-02-18
毎月1回、3/4/5歳児は外部講師の先生に絵画指導を受けています
2月は4歳児でした。
 
毎月、講師の先生が用意してくれる題材を描きます。
今月は冬ならではの「毛糸の帽子」でしたenlightened
 
白・黄・赤・青の4色の絵の具を自分で調整し色作りをしていきます。
紙の大きさもみんな同じものですが、描く作品が大きくなり紙からはみ出しそうになると紙を足していきます。
制限を設けることなく子ども達の心の赴くままに描き進めていきます。
 
3学年、様々な題材を描きましたが「絵をすてきに描く」ことよりも「絵に触れる事」「楽しむ事」にねらいを置いて取り組んでいます。
 
葉物野菜
2022-02-17
保育園では毎日、給食を提供します。給食だけでなく乳児組は午前のおやつ、午後は全園児のおやつ。さらに18:30には捕食と様々なメニューや食材を1ヶ月の献立で提供しています
 
保育園で提供する食材は基本的に加熱調理したものを提供しますが、メニューとして出てくると元の形や色、手で触った感触とは違う感触を口で味わいます。
そこで、調理前の納品された状態の野菜を栄養士が中心となり、子ども達に直接触ってもらったり匂いを嗅いでみたりという体験をしていますenlightened
 
今回は2歳児のお友達が実際、その日の給食に提供されるメニューの食材に触れました。
食事は大人も子どもも楽しみな時間の一つです。楽しく、美味しくだけでなくどんな工程を経て自分たちの食事になっているのか、調理をする人達に感謝を持てるように、など心に響く体験を大切にしています。
乳児組は食材に触れたりちぎったりですが、大きい学年になれは握ったり、こねたり、型を抜いたり、皮むきしたり、包丁で切ったり、うどんを作ったりと成長を共に経験の幅や回数を重ねていきます。
 
2/15 涅槃会(ねはんえ)
2022-02-16
2月15日はののさまがお亡くなりになった日、「涅槃会(ねはんえ)」という日です。
保育園ではおつとめをしてお参りをしました。
 
幼児組はホールでおつとめに参加してから、乳児組は直接大悲願寺に行き、本堂で涅槃図を鑑賞しました。
涅槃図は横たわるののさまの周りにはお弟子だけでなくあらゆる動植物、鬼のたぐいまでが悲しみの中集まってきている様子を模したものです。
 
あらゆる生き物が悲しむ姿を見て、ののさまのお母さま・摩耶様が天からののさまが生き返るよう薬を投げてくれますが、木に引っ掛かり地上まで落ちません。
それを見たねずみが取りに木に登りますが、さらにそれを見た猫がねずみを追いかけてします。結局薬を取る事はできずののさまを生き返らせることはできませんでした。
そんな経緯があり、涅槃図に猫の姿はないとされています。
 
子ども達は神妙な雰囲気のなか、静かに理事長先生のお話を正座で聞き、お供物を頂く時は手を合わせ「ありがとうございます」と自然と言葉が出る姿はののさまだけでなく職員もうれしいです。
 
毎年、このお話を理事長先生が涅槃図を前にしてくれ、大きいクラスのお友達はよく覚えています。
お寺が隣の保育園ならではの経験だと感じます。日本の伝統文化に触れ、見て、聞いて心に残るよう大切にしています。
 
 
 
雪の中の散歩
2022-02-15
今年は雪が多いですね積もらないので助かりますが、保育園としては多少つもってくれれば子ども達と遊べるのに~という気持ちもありつつ雪の日を過ごしています
 
2/14も朝まで雪が降っていて園庭にも所々雪が残っていました。
5歳児はすぐ園庭へ出て遊び大喜びもう少し積もればソリなど出して横沢入りの山の斜面を滑り降りたいところでした。
 
2歳児は午前のおやつを済ませてから散歩へ。
足元の悪い中、そう遠くへは行けませんがそこは、増戸保育園enlightenedお寺があります。
お寺の本堂前で雪に触れたり踏みしめてみたり、存分に雪を味わいました。
 
四季折々の自然を身近に感じるだけでなく触れる事のできる環境にある保育園ということをしっかり生かしていけるよう保育に努めています。
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
034123
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627