社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
園庭遊び~1歳児~
2022-06-20
梅雨の晴れ間、園庭でシャボン玉を出して遊びました。
5歳児はプール掃除、他の学年は散歩に出かけていて伸び伸び遊びましたenlightened
 
担任がシャボン玉を飛ばし始めると捕まえようと必死に捕まえに行く子ども達。
その姿のかわいいこと
 
かたや、ボールに興味を示し担任が見ていない隙にそ~っと出そうとしていたり、かけっこの時の折り返しのポールを
(重さ2kgほどあります)一つずつ運び出していたりと伸び伸び使えるからこそ見える姿がたくさんありました
 
子どもにとったら何が楽しい遊びになるのか大人とは違う感性ですよね。
 
6/15 創立記念日
2022-06-17
6/15は増戸保育園の創立記念日です。
昨年80周年を迎え、今年保育園は81才になりましたenlightened
園児、保護者の方、地域の方のご理解、ご協力、温かい見守りに感謝しながら81年目を過ごしていきたいと改めて感じました。
 
ホールでおつとめをし、理事長先生のお話、担当職員による劇を鑑賞しました。
劇は増戸保育園の生まれた話をお寺のお坊さんも一緒に演じてくれました。保育園が誕生した様子を集中して見入っていました。
 
15日は一日を通してお祝いムードで過ごしました。
お昼ご飯はお祝い御膳、おやつはお祝いプリンを提供しました
 
雨~4歳児~
2022-06-16
今週前半は雨の多い日が続きました
少しの晴れ間には園庭へ出て遊びを楽しんでいますが、突然の雨。
 
日よけのテントの下へ一時避難しました。
すると、テントに雨が溜まり職員が手でテントの水を押し出すと大量の雨水が一気に滝のように落ちてきました
 
みんな「きゃ~」と大喜び
次から次へとテントの角に溜まっている水を落として雨の季節にしかできない体験をしました
 
 
 
関係者専用ページ
2022-06-15
◎本日5歳児の「関係者専用ページ」を更新しました。
 ログインにはパスワードが必要となります。
 
他の学年も順次更新していきます。
 
絵の具で感触遊び~0歳児~
2022-06-15
雨の日が続きますが、0歳児は室内で絵の具を使って感触遊びをましたenlightened
汚れや口に入れてしまう事を考えると敬遠しがちですがジップロックを使用した遊びを見つけ、この時期の定番の遊びとなりつつります。
 
ジップロックに画用紙と絵の具、洗濯のりを入れて置いておくと、子ども達が寄ってきて興味津々
少しふわふわした感触と触れば触るほど絵の具が広がっていく変化の様子が楽しいようです。
 
少し大きい学年になるとジップロックを二重にすると安心して提供できます。
作品を作るだけでなく、その場を楽しむ遊びも意識しています
 
本堂の散歩~2歳児~
2022-06-13
2歳児もよくお散歩に出かけますenlightened
横沢入りも行きますが、まだ早目に出発しないと十分に遊べないので近場でたくさん遊ぶ場所によく出かけます。
 
先日は本堂の庭に出かけました
秋に咲く白萩のツルや葉が元気に伸びできて緑色に染まりつつあるお庭がきれいです。
 
八十八ある石仏に手を合わせたり挨拶したりする姿が見られました。
日頃の挨拶が散歩で出会うののさまにも表れる姿を見てこちらもうれしく感じました。
 
お寺の庭と言えど子ども達にとったらちょっとした探検のできる雰囲気のある場所なのでかくれんぼしたり、追いかけっこしたり楽しみました。
 
 
 
 
さつまいもの苗植え
2022-06-10
毎年、保育園の畑でさつまいもを育てています。
畑が園庭の隣・・・というか真横にあります。近くて最高の環境ですenlightened全学年の子ども達が集まりました。
 
が、育てるのは大変です土の土壌作り、苗を植える畝作り、草むしり、ツル返し、ツル切りなどほぼ一年を通して畑の携わります。職員が合間を見て作業しますが、もちろんできない時も。。。
 
そんな時、強い見方が地域の方
ご自身の合間を見て保育園の畑に来て手入れをしてくれます本当にありがたい事です。
 
そんな地域の方のご協力もあり昨日、無事苗植えができました
計200株程、幼児クラスの子ども達が土のお布団をかけて植えてくれました。そして、早速夜中に雨が降ってくれたのでしっかり根付くことでしょう。
 
子ども達はヒョロっとした葉っぱしかついていない苗がさつまいもになるとは想像しがたいようですが、年長組は昨年の事も良く覚えていて「土の中にできるんだよね」と話していました。実が成るかはわかりませんが直物の目覚ましい生長を観察しながら命の不思議さや大切さを感じられたらと思います。
 
秋の収獲後には芋煮、焼き芋をして楽しむ予定です。
 
 
関係者専用ページ
2022-06-09
◎本日4歳児の「関係者専用ページ」を更新しました。
 ログインにはパスワードが必要となります。
 
他の学年も順次更新していきます。
 
梅ジュース作り~5歳児~
2022-06-09
先日、お寺の駐車場で収穫した梅でジュース作りに挑戦しましたenlightened
昨年に続き2度目の挑戦です
 
梅も自然のものです。
今年は実成りが良くなく、例年に比べ少量のなり具合でしたが昨年と同じくらいの量を頂きました。
生憎の雨模様で収穫の様子は見せられませんでしたが、梅のヘタは子ども達がつまようじで取りました。
 
給食の先生が梅情報をお面にして登場子ども達ややウケでした
瓶に氷砂糖と梅を交互に丁寧に優しく入れていきました。男の子2グループ、女の子2グループ計4グループに分かれて造りましたが、女の子は手際よく。男の子は自分が早くやりたい気持ちがよく表れていた作業風景でした
 
水も入れていないのに水分が出てきて氷砂糖が溶けてなくなります。不思議ですよね。
毎日、転がしたり、振ったりしながら様子を観察していきます。
 
身近な食材で調理保育をし自分で頂く。そういう経験を大切にしながら日々の保育を過ごしていきたいです。
 
 
 
関係者専用ページ
2022-06-08
◎本日1歳児の「関係者専用ページ」を更新しました。
 ログインにはパスワードが必要となります。
 
他の学年も順次更新しいきます。
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
横沢入りへの散歩~2歳児と5歳児~
2022-03-23
体力のついてきた2歳児と卒園を迎えた5歳児で一緒に散歩に出かけました。
普段から園庭遊びや朝、夕の合同保育で遊ぶなど交流がありますが一緒に散歩に出かけるタイミングは少ないですenlightened
 
今回は横沢入りへ一緒に出掛けました。
5歳児に、担任は前もって「小さい子だから引っ張ったり急いで歩かないよ」「優しくね」など話をしましたが、そんな必要はなかったようです
 
2歳児と手をつなぎ「大丈夫?」「おいで」など声掛けはもちろんのこと、いろいろ気にして様子を見たり、小川の中の虫や昆虫をすくう事がまだできない2歳児に採って見せてあげたり、自分たちのペースで遊びたい所を2歳児のペースに合わせてあげあたり素敵な姿をたくさん見れました
ふだんから接している中で自分たちより小さく、同じことは難しいのかも、と考えしっかり対応していました。
 
卒園を迎えたこの時期の見る姿は大変うれしいものでした。
今は2歳児の子ども達も3年後の卒園時には同じような気持ちを体現できるよう日々の保育に努めたいです
 
じゃがいも植え~4歳児~
2022-03-22
3月。毎年じゃがいもを4歳児が植えます
なぜ、4歳児なのか
 
収穫のできる夏に5歳児のお楽しみ保育を迎えるので、5歳児になる4歳児が植えますenlightened
収穫したじゃがいもはお楽しみ保育当日のカレー作りに使ったり、その後の給食やおやつに使い、美味しく頂きます。
 
食べるのは美味しく頂きますが、枯らさず世話しながら育てるのは大変です
でも、長い時間をかけて世話する事で命の大切さや普段、生産している方たちへの感謝の気持ちを少しでも感じられたらと思います。
 
畑に「マルチ」と呼ばれるビニールがかけてありますが雑草が生えにくくなるようにビニールを掛けています。
地域の方が気にかけ、お手伝いをしてくれます。職員だけではできない事も多いので感謝です
 
5月にはほかの夏野菜も畑に植える予定ですenlightened
 
散歩~0歳児~
2022-03-18
保育園で一番小さいお友達、0歳児。
小さいといえど、一番育ちの差が大きい時enlightened
 
足取りもしっかりし歩き回ったり、走ったり探索活動が盛んな年ごろの子もいればつかまり立ちにいそしんでいるお友達もいてそれぞれです。
 
散歩に出かけるにも必ず一緒というわけでななく、体調や人数に合わせて分散して活動を分ける事もあります
そんな中、先日は天気も良く体調も良く機嫌も良かったので全員で散歩にお出かけしました
 
まだ歩けない子やカートに乗り、長時間は難しい子は様子でカートも使用しました。
梅の花が満開だったり水仙が咲いていたりとたくさんの「春」を見つける事ができました
身近に自然があり直接感じられることは素敵な事だなと思いながら、子ども達にどう知らせていくかと工夫しながら保育に努めています
 
園庭遊び~4歳児~
2022-03-17
春めいた陽ざしの中で戸外での遊びを存分に楽しんだ4歳児。
大縄跳びでは何十回も跳べるようになったり、砂場では友達と一緒に作る事を楽しんだりとそれぞれで楽しんでいました。
 
園庭が新しくなってから自分で考えて遊びが広がるようになったと感じますenlightened
保育目標の「よく見て よく聞いて よく考えて そして よい子になりましょう」のように自分で考え遊びの工夫や展開を考えているように見受けられます。
 
散歩先では自然の移り変わりを感じたり、動植物に触れる事を楽しみ園庭では友達との関わりや安心できる環境の中で自分の考えを発したり自分を表現できる環境であるよう考えています
 
3月15日散歩~2歳児~
2022-03-16
もうすぐ幼児クラスに進級する2歳児の子ども達
4月に比べるとお話がたくさんできるようになったり、様々な事に挑戦する気持ちが目覚めたりと成長著しい2歳児です。
 
体力もつき、保育園裏の八十八ヶ所巡りの散歩も歩く足取りがしっかりし、スピードも早くなりましたenlightened
階段もおしりをつきながら降りていましたが今では自分の足でしっかりと上り下りができます。
途中で電車を見て手を振ったり「お~い!」と呼び掛けてみたり、周りを見ながら余裕のある散歩を楽しみました。
 
八十八ヶ所では八十八の仏像(石碑)があるのですが、その一つひとつ、どれも表情も違います
子ども達はよく見ていて表情の違いを知っていて怖い表情の石碑は人気で子ども達が集まります。
 
子どもの目線で気づく事、大切にしたいと思うと同時に保育士も広い視野で物事を見られるようにしたいです。
 
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
031655
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627