社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
おいもほり~芋煮会~
2022-10-26
おいもほり当日、おいもほりの後、園庭で給食の先生が「芋煮会」を開催してくれましたenlightened
大きなお鍋を園庭に出し、子ども達の目の前で畑のお芋を入れて調理してくれました。
 
芋汁に入る具材は事前に給食室の廊下に貼り出しておいたので子ども達も「あ、貼ってあったやつだっ」と気づいたりして楽しんでいました
 
お昼ご飯は園庭で青空の下自分で作ったおにぎりと芋汁を美味しく頂きました
 
お芋ほり
2022-10-24
先日、雨で延期になっていたお芋ほりを行う事が出来ました
雨で一週間畑で眠っていたお芋たち。
 
2歳児以上は畑に入り、お芋を沢山掘る事ができました。
今年は未就園児向けのイベントでもお芋ほりを企画していましたが、生憎の雨となっていしまい、畑でのお芋ほりはできませんでしたが、大き目のプランターに土とお芋を入れて「おいもほりごっこ」が出来るようにミニ畑を作っていましたenlightened
0.1歳児は園庭のミニ畑でおいもほりを楽しむ事もできました。
 
畑の場所が今の場所になってからまずは「土作り」から始めました。
なかなか思うような収穫に結びつかず。。。また、時にはイノシシに食べられてしまった子とも。。。
地域の方のご協力によりイノシシ避けの板も設置してもらい、土が育ち、今年、ようやく収穫に結びついてきたかなと安定感を感じる事ができました。
 
おいもほりは楽しいですが収穫まではたくさんの機関や手間を要します。そんな状況も子ども達も園庭で遊びながら、世話をしながら体験できる素敵な環境にあると本当に感じます。
 
今も冬野菜の栽培を畑で行っています。年間を通して様々な経験ができる事を大切にしています。
 
 
災害備蓄品運び出し
2022-10-21
保育園には災害に備えて災害備蓄品がの備えてありますenlightened
様々な災害を想定して敷地内3カ所に分散して設置してあります。
 
年に一度、シュミレーションをしながらすべての備蓄品を運び出したり、消費期限の確認をしています。
また、発電機も用意してあり地域の方と一緒に使い方を再確認しています。
 
大きな災害は来てほしくないですが、普段の備えや訓練が大切と考えます。
 
 
毎朝の体操~幼児~
2022-10-20
天気が良く、大きな行事のない日は朝、支度をしてから園庭に出て遊びます
一時間程度遊んだらみんなで集合して朝の体操の時間になります
 
先日まで、運動会の準備体操を踊っていましたが、最近は10/31のハロウィンパーティに向けて「グーチョキパーでパンプキン」の体操と、いつ踊ってもみんな大好き「エビニクス」を踊っています
 
2曲ともテンポの良い曲なのでみんな楽しんでいますが「グーチョキパーでパンプキン」は5歳児の踊りを覚えているお友達にお友達先生になってもらい前に出て踊ってもらっていますenlightened
 
小さい子もお兄さん、お姉さんをみて真似ています。
10/31の当日に向け、園内も少しずつハロウィンの飾りつけが始まっています。当日を楽しく過ごす為、わくわくの時間を楽しんでいます
 
階段下から観音堂~4歳児~
2022-10-19
来月、七五三では地域の神社「岩走神社」へお参りに行く予定ですenlightened
お参りに先駆けて下見を兼ねてお散歩に幼児組で出掛けました。
 
4歳児は帰り道、大悲願寺参道の階段を上って帰ってきましたが、体力のある4歳児。
あっという間に登り切り、職員の方が追い付く漢字でした
 
そのまま観音堂へ行き遊びましたが、所々にある石碑の手を合わせる姿も見られたり、虫を見つけたり各々好きな場所や遊びを友達と見つけて楽しんでました。
 
観音堂は主に乳児組が遊ぶ事が多いので、久しぶりに思い切り遊び楽しかったようです
 
運動遊び~2歳児~
2022-10-18
毎日元気に過ごしている2歳児enlightened
園庭遊びや散歩も大好きな子ども達ですが、体力もついてきた今日この頃。
運動遊びを積極的に取り入れています
 
雨が降ってもホールでボール遊びや平均台遊び、新聞紙を破いてちぎって舞い上げて。
園庭では大型遊具の縄梯子登り、散歩先のでの横沢入りでは山肌の斜面登り、保育園裏の八十八か所巡りでは全身を使っての階段の上り下り、など様々です
 
自分で手で掴んでみたり、自分の足で挑戦してみたり様々な事に興味津々です。
遊びの中で玩具や物を提供する事ももちろんありますが、お兄さん、お姉さんや大人と同じことをやってみたいという気持ちがとても大きく、遊び名のない遊びに夢中です
 
子どもの興味、関心に合わせて日々の保育を展開できるよう心掛けています。
 
 
関係者専用ページ
2022-10-17
〇本日0歳児.、1歳児の「関係者専用ページ」を更新しました。
 ログインにはパスワードとIDが必要となります。
 
はだしキッズのお知らせ
2022-10-17
〇10/25(火)ハロウィンパーティは予定人数に達しましたので受付終了となりました。
 
〇11/18(金)移動動物園(雨天中止)はまだ空きがございます。見学は2グループに分かれての参加をお願いしております。
➀グループ  9:45~10:45
➁グループ10:30~11:30
上記どちらかご希望の時間を御申しつけ下さい。申し込み、希望時間共に先着順となりますのでお早めにご検討下さい。
 
のらぼう菜植え~4歳児~
2022-10-17
先日、冬野菜の育成に向けてあきる野特産の「のらぼう菜」を植えましたenlightened
大根、白菜は5歳児が植えたので今回ののらぼう菜は4歳児のお友達が挑戦しました。
 
白菜と同じでのらぼう菜も葉物野菜なので畑に直植えではなく、ポットに種まきをして育てて間引きをしてから畑に移しました
植物、野菜といっても一種類ごとに栽培方法を変えないとおいしい野菜はできないと職員も学んでいます
職員も知識がないので地域の方に教えて頂きながらの挑戦です。
 
4歳児も優しく苗を扱い畑に移す事ができました。
早ければ来月にも収穫できるので、給食の献立に登場予定です
 
関係者専用ページについて
2022-10-14
〇本日3歳児/4歳児/5歳児の関係者専用ページを更新しました。
 ログインにはパスワードとIDが必要となります。
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
横沢入り散歩
2022-02-21
寒さの厳しい日が続きます
横沢入りでは先日降った雪がまだ残っています
 
3歳児散歩に出かけ残り雪で遊んできましたenlightened
冷たかったですが、ちょっと固くなった雪を踏んで感触を楽しんだり触ったりし楽しみました。
この時期、田んぼに氷も張っていてスケートもできます。一年通して新たな発見や楽しみがある横沢入りです。
 
見る、聞く、だけでなく触れたり感じたり、五感を使って自然の移り変わりを感じる事で豊かな心の成長の糧の一部になると良いです
 
絵画指導
2022-02-18
毎月1回、3/4/5歳児は外部講師の先生に絵画指導を受けています
2月は4歳児でした。
 
毎月、講師の先生が用意してくれる題材を描きます。
今月は冬ならではの「毛糸の帽子」でしたenlightened
 
白・黄・赤・青の4色の絵の具を自分で調整し色作りをしていきます。
紙の大きさもみんな同じものですが、描く作品が大きくなり紙からはみ出しそうになると紙を足していきます。
制限を設けることなく子ども達の心の赴くままに描き進めていきます。
 
3学年、様々な題材を描きましたが「絵をすてきに描く」ことよりも「絵に触れる事」「楽しむ事」にねらいを置いて取り組んでいます。
 
葉物野菜
2022-02-17
保育園では毎日、給食を提供します。給食だけでなく乳児組は午前のおやつ、午後は全園児のおやつ。さらに18:30には捕食と様々なメニューや食材を1ヶ月の献立で提供しています
 
保育園で提供する食材は基本的に加熱調理したものを提供しますが、メニューとして出てくると元の形や色、手で触った感触とは違う感触を口で味わいます。
そこで、調理前の納品された状態の野菜を栄養士が中心となり、子ども達に直接触ってもらったり匂いを嗅いでみたりという体験をしていますenlightened
 
今回は2歳児のお友達が実際、その日の給食に提供されるメニューの食材に触れました。
食事は大人も子どもも楽しみな時間の一つです。楽しく、美味しくだけでなくどんな工程を経て自分たちの食事になっているのか、調理をする人達に感謝を持てるように、など心に響く体験を大切にしています。
乳児組は食材に触れたりちぎったりですが、大きい学年になれは握ったり、こねたり、型を抜いたり、皮むきしたり、包丁で切ったり、うどんを作ったりと成長を共に経験の幅や回数を重ねていきます。
 
2/15 涅槃会(ねはんえ)
2022-02-16
2月15日はののさまがお亡くなりになった日、「涅槃会(ねはんえ)」という日です。
保育園ではおつとめをしてお参りをしました。
 
幼児組はホールでおつとめに参加してから、乳児組は直接大悲願寺に行き、本堂で涅槃図を鑑賞しました。
涅槃図は横たわるののさまの周りにはお弟子だけでなくあらゆる動植物、鬼のたぐいまでが悲しみの中集まってきている様子を模したものです。
 
あらゆる生き物が悲しむ姿を見て、ののさまのお母さま・摩耶様が天からののさまが生き返るよう薬を投げてくれますが、木に引っ掛かり地上まで落ちません。
それを見たねずみが取りに木に登りますが、さらにそれを見た猫がねずみを追いかけてします。結局薬を取る事はできずののさまを生き返らせることはできませんでした。
そんな経緯があり、涅槃図に猫の姿はないとされています。
 
子ども達は神妙な雰囲気のなか、静かに理事長先生のお話を正座で聞き、お供物を頂く時は手を合わせ「ありがとうございます」と自然と言葉が出る姿はののさまだけでなく職員もうれしいです。
 
毎年、このお話を理事長先生が涅槃図を前にしてくれ、大きいクラスのお友達はよく覚えています。
お寺が隣の保育園ならではの経験だと感じます。日本の伝統文化に触れ、見て、聞いて心に残るよう大切にしています。
 
 
 
雪の中の散歩
2022-02-15
今年は雪が多いですね積もらないので助かりますが、保育園としては多少つもってくれれば子ども達と遊べるのに~という気持ちもありつつ雪の日を過ごしています
 
2/14も朝まで雪が降っていて園庭にも所々雪が残っていました。
5歳児はすぐ園庭へ出て遊び大喜びもう少し積もればソリなど出して横沢入りの山の斜面を滑り降りたいところでした。
 
2歳児は午前のおやつを済ませてから散歩へ。
足元の悪い中、そう遠くへは行けませんがそこは、増戸保育園enlightenedお寺があります。
お寺の本堂前で雪に触れたり踏みしめてみたり、存分に雪を味わいました。
 
四季折々の自然を身近に感じるだけでなく触れる事のできる環境にある保育園ということをしっかり生かしていけるよう保育に努めています。
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
034125
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627