社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
関係者専用ページ更新
2022-05-31
◎本日、0歳児/1歳児の「関係者専用ページ」を更新しました。
 関係者専用ページへは年初に配布したパスワードをご利用下さい。
 
順次、他の学年も更新していきます。
 
散歩~横沢入り~
2022-05-31
天気の良い日は横沢入りへ散歩に出かける事が多い子ども達。
昨日は子ども達が「モリアオガエル」を見つけましたenlightened
 
横沢入りで見つける虫や動植物は持ち帰りません
鳴き声を聴いたり、目で見て驚いたり、触れて優しく扱わないと弱ってしまう事など楽しんでいます。
 
カエルは見つけて大興奮の生き物ですしかも、きれいな緑色のモリアオガエル
散歩から帰ってくると「カエルいたんだよ」と嬉しそうに話してくれました。
 
日常の中で、自然に生息するカエルを見るなんて珍しい事ですが、増戸保育園の子ども達はそれが日常で体験できる環境にあります。「当たり前の事」にせず、大切にしていきたいです。
 
園庭遊び~0.1歳児~
2022-05-30
天気の良い日はみんな戸外で遊びます。
0歳児、1歳児のお友達も体調をみながらなるべく戸外ですごす時間を設けています
 
小さいお友達は「乳児専用園庭」があり、人工芝になっているのその中で遊ぶ事が多いです。
しかし、月齢によっては乳児園庭では物足りず、多きい園庭で遊びたい子もいます。
 
先日、2歳児以上のお友達がみんな、散歩に出かけてしまい、0.1歳児だけが園内にいる状況がありました。
絶好のチャンス
月齢の高い子は築山で遊びました。嬉しい反面、ドキドキな様子で吊り橋を渡ったり、興味のむくままに遊んでいました。
 
子ども達のやりたい気持ちを大切に安全に配慮しながら過ごしています。
 
 
野菜の生長
2022-05-27
5月10日に畑に野菜を植えました
大きいクラスのお友達が水やりなどしてくれた成果か、昨日見に行くと小さな実がなっていました
 
植物の生長って早いな~と思いながら驚きました。
今、畑の空き地には草が生い茂っていて、小さな虫が出てきています。子ども達は探し出す事に夢中です
 
牛乳パックで飼育ケースを作ったり、プラスティックの飼育ケースでみんなで観察できるようにしたりと春のこの季節ならではの遊びを満喫しています
また、今年は子どもや職員が見つけた身近な春の植物や虫を写真に収め、廊下などに展示していますenlightened
 
写真が一枚一枚増えるごとに喜んでいる子ども達です。百聞は一見に如かず、見る方がわかりやすく、楽しいです。継続していく事は簡単ではありませんが、続けていきたいです。
 
からだWEEK~その②~
2022-05-26
昨日、からだWEEKについてお知らせしましたが、一週間を通して様々な運動を行っているので今日も様子をお知ららせします。
 
運動といっても器具(平均台、跳び箱など)を使うだけとは限りません
2歳児は横沢入りへ出かけ、丸太橋を渡ってきました
丸太橋??と思いますが2歳児の子どもにとって幅の広い箸でも両側がせせらぎになっている事は渡るのにとても勇気がいります
 
まだまだ怖い子は保育者と手をつなぎながら一緒に渡りました。
何度目かの挑戦で慣れた子は自分でグングンわたっていきます。
 
3歳児は5歳児に混じって横沢入りの斜面登りにも挑戦しました。
興味のある子ややりたい子は大きいクラスの子に教えてもらったり真似したり、自分から興味を持つと吸収力が違いますよねenlightened
 
からだWEEK
2022-05-25
コロナ禍前まで、5月に「小運動会」を開催しかけっこ、玉入れ、リレーなど楽しんでいました。
しかし、コロナ禍になり集団での活動が難しくなり、昨年度から「からだWEEK」と称し、体を動かして遊ぶ事に重点を置いて過ごす週間に変更しました。
 
秋の大運動会を見据え、普段の遊びとは違う「運動」という視点で内容を決めています。
乳児クラスは共通して「トンネルくぐり」を行い、週間後も遊びの中で取り入れられるよう決めました。
0歳児は牛乳パックで作ったトンネル、1歳児は段ボールで作ったトンネル、2歳児は運動器具の蛇腹トンネルと程度変えて準備しました。
 
幼児クラスは共通遊具として「平均台」「マット」を取り入れました。
このい週間だけで終わる事無いよう続けていきます。
 
先を見据えて遊びの中から準備していく事は簡単ではありませんが、積み重ねていきたいです。
 
食育活動~そら豆・人参~
2022-05-24
保育園では様々な食育活動を取り入れています。
畑で野菜の栽培もそうですが、給食やおやつの食材の下処理をすることも行っています。
 
0歳児から5歳児まで実物の食材を見て、触れる事で本来の姿を知ったり、匂いや感触を感じたりする事で食材への興味や様々な事への関心に広がる経験になればと思っていますそれぞれの年齢に合わせてちぎる・むく・出す・洗う・道具を使って切るなど行っています。
 
最近では旬の食材「そら豆」を2歳児がさやから豆を取り出しましたenlightened
子ども達に人気の絵本「そら豆くんシリーズ」ではそら豆が主人公の絵本なのですが、給食の先生がそら豆くんのお面を被って絵本を読んでくれました。そら豆ご飯の日にはやはり、お面を被って配膳に全学年回ってくれ、みんな大喜びでした
 
別の日には5歳児が人参をピューラーで皮むきをしました。
5歳児は7月のお楽しみ保育のカレー作りに向けて道具を使った作業を中心に行っています。先日はさつまいもの皮むきも行いました。来月はいよいよ包丁に挑戦ですカレー作りは調理保育の集大成として挑戦する予定です。
 
 
 
 
5月のお誕生日メニュー
2022-05-23
幼児クラスは毎月、ホールでお祝いをしますが、誕生会メニューは20日前後に提供しています。
昨年度まで、幼児の誕生会に合わせて提供していましたが、誕生会後にお帰りするお友達もいるのでみんなが味わえるようにしようと誕生会とは日にちをずらす事にしましたenlightened
 
5月はみんな大好きアンパンマンライスとハンバーグのお子様ランチでした
見た目もかわいく、アンパンマンの音楽も流れ大喜びでした
 
給食室は嵐のような忙しさでしたが月に1回の誕生会メニュー。給食室も頑張ります
来月は誕生会メニュー、時の記念日メニュー、創立記念日お祝い御膳、郷土料理などお楽しみメニューが目白押しです
 
食事は大人も子どもも楽しみな時間の一つです。自分が食べたい、食べられる量を楽しい雰囲気の中で過ごせるよう心がけています。
 
散歩~横沢入り~幼児クラス
2022-05-20
久しぶりの天気の日が続き、気持ち良いというより暑いっ気温差の大きいさに驚きますね
ほぼ毎日、幼児クラスは横沢入りへ散歩に出かけましたenlightened
 
今年は保育園内に「横沢図鑑」と称して四季に分けて園庭やお寺、横沢入りにある植物、虫を見つけてきたものを写真を撮って張り出しています
 
例年咲いていたり、見かける植物や虫もいますが、「春を見つけに行こう」という目標を持って出かけるとまた違った目線で植物や虫を見つけられます
 
春、まだ始まったばかりですが、これから夏、秋、冬と様々な自然を見つけていきたいです
 
散歩~お寺の池~
2022-05-19
増戸保育園には散歩に出かける場所が豊富ですenlightened
大きいクラスは横沢入りへも気軽に行けますが、小さいクラスの乳児さんは前半、お寺や観音堂に育事が多いです。
 
お寺や観音堂だけ、、、と思いますが、そんなことはないですっ
道のりでは金魚、メダカを見て様々な草花を眺め、生長や花が咲いた、散ったなどの移ろいを感じ、本堂前では本堂に鎮座しているののさまに挨拶し、進みます。
 
大人が目を向けずに歩けばほんの2~3分の距離ですが、子ども達の視線に気を付け、スピードに合わせるとたくさんの事に気づき、見て触れる事ができます。「子ども目線で」大切にしてい事です
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
横沢入りへの散歩~2歳児と5歳児~
2022-03-23
体力のついてきた2歳児と卒園を迎えた5歳児で一緒に散歩に出かけました。
普段から園庭遊びや朝、夕の合同保育で遊ぶなど交流がありますが一緒に散歩に出かけるタイミングは少ないですenlightened
 
今回は横沢入りへ一緒に出掛けました。
5歳児に、担任は前もって「小さい子だから引っ張ったり急いで歩かないよ」「優しくね」など話をしましたが、そんな必要はなかったようです
 
2歳児と手をつなぎ「大丈夫?」「おいで」など声掛けはもちろんのこと、いろいろ気にして様子を見たり、小川の中の虫や昆虫をすくう事がまだできない2歳児に採って見せてあげたり、自分たちのペースで遊びたい所を2歳児のペースに合わせてあげあたり素敵な姿をたくさん見れました
ふだんから接している中で自分たちより小さく、同じことは難しいのかも、と考えしっかり対応していました。
 
卒園を迎えたこの時期の見る姿は大変うれしいものでした。
今は2歳児の子ども達も3年後の卒園時には同じような気持ちを体現できるよう日々の保育に努めたいです
 
じゃがいも植え~4歳児~
2022-03-22
3月。毎年じゃがいもを4歳児が植えます
なぜ、4歳児なのか
 
収穫のできる夏に5歳児のお楽しみ保育を迎えるので、5歳児になる4歳児が植えますenlightened
収穫したじゃがいもはお楽しみ保育当日のカレー作りに使ったり、その後の給食やおやつに使い、美味しく頂きます。
 
食べるのは美味しく頂きますが、枯らさず世話しながら育てるのは大変です
でも、長い時間をかけて世話する事で命の大切さや普段、生産している方たちへの感謝の気持ちを少しでも感じられたらと思います。
 
畑に「マルチ」と呼ばれるビニールがかけてありますが雑草が生えにくくなるようにビニールを掛けています。
地域の方が気にかけ、お手伝いをしてくれます。職員だけではできない事も多いので感謝です
 
5月にはほかの夏野菜も畑に植える予定ですenlightened
 
散歩~0歳児~
2022-03-18
保育園で一番小さいお友達、0歳児。
小さいといえど、一番育ちの差が大きい時enlightened
 
足取りもしっかりし歩き回ったり、走ったり探索活動が盛んな年ごろの子もいればつかまり立ちにいそしんでいるお友達もいてそれぞれです。
 
散歩に出かけるにも必ず一緒というわけでななく、体調や人数に合わせて分散して活動を分ける事もあります
そんな中、先日は天気も良く体調も良く機嫌も良かったので全員で散歩にお出かけしました
 
まだ歩けない子やカートに乗り、長時間は難しい子は様子でカートも使用しました。
梅の花が満開だったり水仙が咲いていたりとたくさんの「春」を見つける事ができました
身近に自然があり直接感じられることは素敵な事だなと思いながら、子ども達にどう知らせていくかと工夫しながら保育に努めています
 
園庭遊び~4歳児~
2022-03-17
春めいた陽ざしの中で戸外での遊びを存分に楽しんだ4歳児。
大縄跳びでは何十回も跳べるようになったり、砂場では友達と一緒に作る事を楽しんだりとそれぞれで楽しんでいました。
 
園庭が新しくなってから自分で考えて遊びが広がるようになったと感じますenlightened
保育目標の「よく見て よく聞いて よく考えて そして よい子になりましょう」のように自分で考え遊びの工夫や展開を考えているように見受けられます。
 
散歩先では自然の移り変わりを感じたり、動植物に触れる事を楽しみ園庭では友達との関わりや安心できる環境の中で自分の考えを発したり自分を表現できる環境であるよう考えています
 
3月15日散歩~2歳児~
2022-03-16
もうすぐ幼児クラスに進級する2歳児の子ども達
4月に比べるとお話がたくさんできるようになったり、様々な事に挑戦する気持ちが目覚めたりと成長著しい2歳児です。
 
体力もつき、保育園裏の八十八ヶ所巡りの散歩も歩く足取りがしっかりし、スピードも早くなりましたenlightened
階段もおしりをつきながら降りていましたが今では自分の足でしっかりと上り下りができます。
途中で電車を見て手を振ったり「お~い!」と呼び掛けてみたり、周りを見ながら余裕のある散歩を楽しみました。
 
八十八ヶ所では八十八の仏像(石碑)があるのですが、その一つひとつ、どれも表情も違います
子ども達はよく見ていて表情の違いを知っていて怖い表情の石碑は人気で子ども達が集まります。
 
子どもの目線で気づく事、大切にしたいと思うと同時に保育士も広い視野で物事を見られるようにしたいです。
 
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
031654
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627