社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
運動会練習
2022-09-28
今週末、運動会を迎えます
主に日頃の遊びや運動遊びを取り入れた演目を中心に構成しています。
 
0歳児は園庭に保育室を再現。
1歳児はボール投げと滑り台、平均台、マットのお山。
2歳児はボールでぶどう作りに挑戦。
3歳児は遊戯とサーキット。
4歳児はボール送りとサーキット。
5歳児はバルーン、組体操、サーキット。
 
普段の遊びや生活の中で触れている物を使い運動遊びにつなげていきましたenlightened
 
5歳児のバルーンはみんなの憧れです「5歳児になったら出来るんだっ」と特に4歳児の子ども達は楽しみにしています。風を取り込み、大きく膨らんだりメリーゴーランドの様にきれいに回る様子は見応え十分です。
 
あと3日。お天気も良い事を願いながら本日の練習も終えました。
 
 
散歩~2歳児~
2022-09-27
暑さが和らいできた今日この頃。
2歳児は隣のお寺に散歩に出掛けました
 
1学期とはまた違った自然の風景や虫たちが見えましたenlightened
蜘蛛が張る巣に雨粒がキラキラ光り不思議そうに見たり触れたり。また、この時期には境内に沢山の「萩」が咲き出します
大悲願寺の萩は「白」がメインです。白く小さい花を子ども達の目線だと見上げる程立派に育っています。
 
彼岸花も毎年、季節になると多くの花を広げ赤・黄・白とこちらも様々な色で楽しませてくれます。
これからも様々な季節の変化を見せてくれる身近な自然。
 
園内だけでなく横沢入りにも出掛けていきたいと思います。
 
保育園バス安全指導~幼児クラス~
2022-09-22
保育園バスでの事故を受け、職員の園内研修を実施しました。
そして、職員だけでなく子ども達にも安全指導を行いました。
 
幼児クラスの3.4.5歳児が順番で保育園バスに乗り込み、園長先生や看護師、バスの先生から約束の改めてのお話しや車内に一人になってしまった場合、笛を吹けるよう設置してあるので場所の確認や非常口からの避難の仕方、クラクションの場所や押し方を知らせました。
 
クラクションは一人ひとりに実際に押してもらい、自宅の車と一緒である事なども合わせて伝えました。
子ども達は思いのほか、5歳児に比べ遠慮ない様子で3歳児4歳児の方が思い切り押せていた印象でした。
 
あってはならない事故ではありますが子ども達にも自分で身を守る方法を伝えていく事も大切な事と改めて感じました。
 
園庭遊び~4歳児~
2022-09-21
園庭で遊ぶ4歳児。
日差しも強くまだまだ暑い日マスクは外して遊んでいる子ども達。
 
この日は三輪車が大人気だった様子。園庭のトラック(ロープの線)に合わせてグルグル走りまわったり三輪車で追いかけっこをしたりと楽しんでいました。
 
一方、女の子はみんなで育てた朝顔の花を摘み、色水作りをして遊びました
少ない量の朝顔でもきれな色が出ましたenlightened
ペットボトルに入れるときれいな色水ができました。
 
様々な自然物を遊びに取り入れていきたいです。
 
秋冬野菜植え~5歳児~
2022-09-16
保育園では毎年田植え、さつまいもの苗植え、夏野菜育成と植物を育て、給食やおやつで頂いています
今年は初めて秋冬野菜に挑戦です
 
夏野菜が収穫を終え、刈り取った畑を職員で手入れをして秋冬用の畝を作りましたenlightened
そして、5歳児のお友達が大根と白菜を植えてくれました。
 
畑に詳しい保育園バス運転手の先生にも相談した所、白菜は小さなポットで芽が出てから畑に移した方が良いとの事で白菜は苗を、大根は種を撒きました
 
苗が根付くまで、大根の芽が出るまではしばらくかかりますが最後に秋冬にも美味しい野菜が収穫できるようお願いしながら種まきを終了しました。
園庭のすぐ脇にある畑で生長を身近に見る事もできるのでお世話をしながら日々楽しみにしたいと思います。
 
 
 
食育活動~魚の解体
2022-09-15
毎年、食育活動の一環として「魚の解体」を行っています
魚の種類はその年により変わりますが、今年は「さばといわし」でした。
 
普段、切り身で売っている魚をめにする事の方が圧倒的に多いですよね。
丸々一匹を自由に触ったり匂いを嗅いだりしてみました「なんか海の匂いする~」「ぬるぬるする~」など様々な感想を教えてくれましたenlightened
 
魚屋さんにも負けない腕前で給食の先生が目の前で三枚におろしてくれましたが、その過程で心臓を含む内蔵だったり、血が流れ出たりして「気持ち悪い~」という声も聞かれました。
美味しく頂くためには必要な工程でもあり「命を頂く」という事は残酷な一面も通らなければならないという事を子ども達に言葉だけでなく伝える事を大切にしました。
 
三枚におろした魚は炭火で焼いて頂きました。給食で提供されるおさかな料理もおいしいですが、炭火で焼いた魚は格別でした
 
十五夜
2022-09-14
9/9に十五夜に向けてお団子作りをしましたenlightened
2歳児は粘土で、幼児組は白玉粉を使いました。0歳児、1歳児のおともだちも見学に来てくれてみんなで十五夜を楽しみました☽
 
お昼ご飯はお月見カレー、うさぎりんご。おやつはうさぎパンとお月見尽くしでした
季節を感じながら伝統部文化、行事に触れる事を大切にしています。
 
秋は食べ物の美味しい季節です。
季節を感じながら本物に触れる機会を作っていきたいです。
 
歩く~0歳児~
2022-09-13
0歳児のお友達は1歳5か月の子から3か月の子まで幅広い月齢のお子さんがいます
0歳児の月齢差は成長の幅でもあります。
まだ横になっていたり寝ている時間が多い子や、歩行が安定してきて裸足で歩く事が楽しい子と様々です。
 
そんな歩く事が楽しい時期の子は大きいクラスに散歩に出掛けたり、ホールでの行事に参加すべく廊下や階段を歩く事時間を多く設けています
 
大人だったらものの数秒で歩いてしまう距離も0歳児にとったら長い道のりですが、楽しんでいる様子が伺えます。
時には大きいクラスのお兄さん、お姉さんが手を引き0歳児のお部屋まで連れて行ってくれる事もあり「小さい子には優しく」「相手に合わせてゆっくり、引っ張らないで」と気をつけています。
 
大人が教える事も大切ですが自分自身で触れる事でその柔らかさや弱さを感じ、気づく事も大切だと感じます。
そういった機会を設けるようにしていきたいです。
 
 
5歳児/4歳児関係者ページ更新
2022-09-12
〇本日(9/12)
5歳児/4歳児「関係者専用ページ」を更新しました。是非ご覧ください。
閲覧には年初に配布したパスワードとIDが必要となります。
 
食育活動4歳児~玉ねぎの皮むき~
2022-09-12
食育活動の一環で玉ねぎの皮むきを行いました
 
玉ねぎの皮むきは調理保育の過程ほどはないので、朝の自由遊びの時間に興味、関心のある子ども達でやりたい子だけがやってくれるシステムにしていますenlightened
皮むきは日常的に行い、また、玉ねぎは年間を通して使用する食材なので子ども達も日々行う中で段々と慣れてきます
 
今、保育園の畑では夏野菜が終わり、秋冬野菜に向けて畑作りを行っています
さつまいもの苗を植えた時に一緒に撒いたコスモスもきれいに花を咲かせてくれています
 
野菜やお花の植物を身近な環境で育てられる素敵な生活の場だと感じています。
畑作りの準備は昼休みや夕方の時間を使うなど大変と感じる事も少なくないですが、時には子どもも一緒に手伝ってくれたり、命を育て幸せな気持ちになるには準備やお世話が必要という事を日々の生活の中で伝えられる事に感謝です。
 
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
鬼のお面
2022-01-20
寒さの厳しい日が続きますね
 
2/3は毎年恒例、「節分会(せつぶんえ)」です。
大悲願寺の節分会も賑わう一日となりますenlightened
 
保育園では園内で赤鬼・みどり鬼に加え5歳児のお友達も小鬼になって登場します
0才児のお友達から全員で参加しますが、鬼の迫力に阿鼻叫喚と化します。。。
お寺の鬼が本格的すぎるのです
 
そんな豆まきに向けて鬼のお面や豆入れを作成中です。
3才児はとんがり頭の帽子の鬼のお面を作っています一年の健康がしっかり届くようなお面に仕上がると良いです
 
コマ回し大会
2022-01-19
1/4~1/15までをお正月遊び週間として園全体で伝承遊びを積極的に取り入れました。
幼児組はコマにも挑戦しました昔ながらのコマより少し回しやすい工夫のされているコマですが、紐を巻いたり手を放したりする瞬間はコツをつかむまでに何回もチャレンジです
 
最終日にはホールでコマ回し大会を開催
一言に「コマ回し」といっても普通に回すほか、逆さまに回す「きのこ回し」や横向きに回す「横回し」(どこまでも果てしなく飛んで行ってしまうんですが)など子ども達が回し方に名前を付けて競いました。
 
男女別や回し方別、全体で、など様々な部門を設けて楽しみました
なかなか伝承遊びをする機会も減っている近年ですが保育園で伝える機会をしっかり設たいと考えています、
 
阪神淡路大震災~防災食~
2022-01-18
1/17は阪神淡路大震災でした。
増戸保育園は阪神から遠く離れた地域にありますが、決して忘れてはいけない事ですし、後世に伝える事も保育園の役目の一つだと考えています。
 
1/17のお昼ご飯は「防災食」でした。アルファ米に水を入れご飯に戻していく作業を栄養士と一緒に5歳児は体験しました。
普段、白米を炊飯器を使い自分たちで炊いている子ども達なので「お水であっためないで食べるお米になるの」と不思議な様子でした。
 
お昼ご飯の提供もアルファ米のおにぎりと具沢山味噌汁、果物と日々のお昼ご飯に比べるとご飯も温かくなく質素な感じのご飯でしたが、震災になるとこういった食事になる事もあるという体験をしました。
保育園でも東日本大震災後の経過停電では通常の給食提供ができない事もありました。様々な災害が想定される中、日々防災意識を持ちながら保育に臨みたいと考えています。
 
お正月遊び~羽子板・カルタ~
2022-01-17
1/4~1/15を「お正月遊び週間」として伝承遊びを積極的に取り入れました
幼児組だけでなく小さいクラスのお友達も担任が工夫して遊べるようにしました。
 
1才児クラスは「羽子板」と「かるた」ですenlightened
確かに羽根を持って打つ、打ち返すという事は難しいですが一本の紐に羽に見立てた球場にしたビニールテープを括り付け、子ども達が届く高さに吊るしておきました。
普段モノをたたいたりする事は基本ですが、羽子板遊びに限っては空中の羽を思い切り叩いてオッケーですみんな夢中になって羽根つきしていました。
 
また、カルタも「えっ1才児でできるの」と思われたかもしれませんが職員の手作りカルタで挑戦ですenlightened
普段「自分たちのシンボルマークとして使用している絵柄のシールを絵札」にして読み札は「子どもの名前」と1才児でもわかるカルタを作成しました。
段々とお友達の名前や先生の名前を覚えてきた子ども達。楽しめたと同時に満足感も得られたようでした。
 
いつも通り「●才だから無理だね」ではなく「どうしたら楽しくできるのか?」を担任同士、時には学年を超えて職員で相談しあい意見を出し合い取り組んでいます。
 
文字指導
2022-01-14
5才児は卒園したら小学校へ入学となります
小学校の入学にあたり保育園でできる準備のひとつとして「文字指導」を設けています。
 
「文字指導」とは文字通り字を学びます。
ひらがな50音と数字0~9です
「入学の時には自分の名前が書けるように」という目的のもと行っています。
 
一冊の本になっているワークブックを使用し、新しい鉛筆や消しゴムに気持ちが嬉しくなりみんなわくわくです
もちろん、遊びの中でお手紙ごっこや文字に興味がありすでに自分の名前を書ける子などもいますが、正しい鉛筆の持ち方・姿勢・書き順など「学ぶ」という雰囲気、時間の中で気持ちの面でも準備をしていきたいと考えています
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
034125
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627