社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
園庭遊び~1歳児2歳児~
2022-11-17
大きいクラスが散歩に出掛け、園庭は小さいクラスのお友達だけになりました
小さいといっても、自分で歩き探索行動が豊かな1歳児、2歳児です。
 
普段は5歳児など大きいクラスの子達もがお世話をしてくれる事が多いですが、1歳児、2歳児でも一緒に遊んでみたり近くに行く姿が見られます。
 
歩くだけでも楽しい年齢、小さな石、葉っぱ、なんでも興味ありです
 
11月のお誕生会メニュー
2022-11-17
毎月、15日前後にその月のお誕生会メニューを提供しています
 
今月は「秋の紅葉メニュー
・もみじライス
・菊の花団子
・ブロッコリー
・コンソメスープ
・お花みかん
 
ワンプレートでの提供でした。「わあ、美味しそう~」と外遊びから入室し、お昼ご飯を見ると子ども達から声が聞かれました。
毎月、見た目にもかわいらしい盛り付けや工夫を凝らしたメニューを心掛けています
 
 
 
 
 
未就園児事業「はだしキッズ」に関して
2022-11-16
〇12月の予定を掲載しました。
  詳細は「はだしキッズに関して」をご覧ください。
 
紅葉狩り~2歳児~
2022-11-16
朝晩と日中の寒暖差が大きくなり、木々がきれいに色づいています
保育園の園庭や周辺の木々も赤、黄色、橙と様々な変化を見せてくれています
 
2歳児は保育園周辺へ紅葉狩りに出掛けましたenlightened
保育園裏の「八十八か所巡り」では絵にかいたような緑/黄色/橙/赤に色づくもみじを見つけました。
実物を見ても写真を通して見ても「え、これ、本物」と思わず出てしまうくらいきれいなグラデーションになっていました。
 
続いて見つけたのはいちょうのじゅうたん
黄色く地面を一面覆っていました。大悲願寺 観音堂にも大きないちょうの木が2本ありますが、実は保育園裏にも立派ないちょうの木が一本そびえているのです
 
ここは業者さんの搬入口に近いので毎日、保育園に色々運んでくれる業者さんの癒しになっていたら嬉しいです
子ども達はたくさんの落ち葉を空に舞い上げ降ってくる落ち葉に大喜びでした。
 
身近にある秋をたくさん感じられる様おでかけしていきたいと思います
 
関係者専用ページ
2022-11-15
◎本日、4歳児、3歳児の関係者専用ページを更新しました。
 閲覧には専用IDとパスワードが必要となります。
 
中あて~4歳児~
2022-11-15
保育園では年3回運動遊びを積極的に取り入れる「からだWEEK」を実施しています
11月は2回目のからだWEEKでした。
 
大きいクラスのお友達は今回「ルールのある遊び」を取り入れました。
4歳児はその中の一つで初めて「中あて」で遊んでみました
 
ルールを説明すると楽しみな事を始めるのでみんな集中して聞いていました。約束の中には「負けても泣かない」「自分の思い通りにならなくても怒らない」など競技以外の約束も含まれていました。
 
ゲームが始まるとボールを追いかけ、手にして投げようとしたり友達と円の中を逃げ回ったりと自分なりに考え様々な様子で楽しんでいました
 
悔しく感じた事、もう一度やってみたいと思う事、勝った嬉しさ、喜び、友達と一緒でないとできない遊びを楽しく感じた事など一つのゲームで様々な事を感じる事が出来ました。
 
秋川消防署より表彰されました!
2022-11-15
日頃の避難訓練が評価され、この度秋川消防署より自衛消防功労という事で増戸保育園が表彰されました
 
毎月実施する避難訓練では「地震」と「火事」の想定だけでなく「土砂災害」なども想定し訓練を行っています。
時間帯も一日の内、様々な時間で実施してみたり、職員と園児だけでなく保護者の方にも参加して頂き大災害を想定した訓練も行っています。
 
今後は地域の方とも連携しながらもしもの災害に備え、園児の安全を確保していきたいと考えています。
 
関係者専用ページ
2022-11-14
◎本日、0歳児と5歳児の関係者専用ページを更新しました。
 閲覧にはIDとパスワードが必要となります。
 
食育活動 うどん作り~5歳児~
2022-11-14
昨年から食育活動の一環として「うどん作り」を始めました。
体験するのは5歳児です。
 
給食の先生から材料を教えてもらい、混ぜ、手で揉んだり足で踏んだりしてこねていきました
15分くらいでしたが子ども達からは「大変~疲れた~」という声が聞こえました。普段の給食でうどんは人気で食べるのも早く、あっという間に完食ですが
 
保育者と一緒にできるだけ細く切り、その場で茹でで試食をしました。
ある程度の太さのあるうどんでしたが「美味しい」と大好評でした。美味しく頂くまでの苦労もあり更に美味しく感じた事と思います。
 
お昼ご飯も5歳児は自分達で作ったうどんを食べました。歯ごたえも良く、美味しく頂きました
 
室内遊び~0歳児~
2022-11-11
朝晩の寒暖差が大きくなりつつある今日この頃。
0歳児のお友達は体調に変化が見られます。。。体調を考慮し、温かい室内で沢山遊んだ週でありました。
 
風船を膨らまし、風船遊びをすると歩行の安定している子はどんどん追いかけ、手を伸ばしていました
まだ、歩けないお友達は風船を近くに持ってきてみせると不思議そうな顔をして覗き込んだり触れてみたりと興味津々でした。
 
これから寒さの厳しくなる季節ですが、室内でも遊びの工夫をしながら楽しく過ごせる様工夫していきます。
戸外で遊ぶ時は大きいクラスのお友達とも交流を持ちながら過ごしたいと思います。
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
横沢入り散歩
2022-02-21
寒さの厳しい日が続きます
横沢入りでは先日降った雪がまだ残っています
 
3歳児散歩に出かけ残り雪で遊んできましたenlightened
冷たかったですが、ちょっと固くなった雪を踏んで感触を楽しんだり触ったりし楽しみました。
この時期、田んぼに氷も張っていてスケートもできます。一年通して新たな発見や楽しみがある横沢入りです。
 
見る、聞く、だけでなく触れたり感じたり、五感を使って自然の移り変わりを感じる事で豊かな心の成長の糧の一部になると良いです
 
絵画指導
2022-02-18
毎月1回、3/4/5歳児は外部講師の先生に絵画指導を受けています
2月は4歳児でした。
 
毎月、講師の先生が用意してくれる題材を描きます。
今月は冬ならではの「毛糸の帽子」でしたenlightened
 
白・黄・赤・青の4色の絵の具を自分で調整し色作りをしていきます。
紙の大きさもみんな同じものですが、描く作品が大きくなり紙からはみ出しそうになると紙を足していきます。
制限を設けることなく子ども達の心の赴くままに描き進めていきます。
 
3学年、様々な題材を描きましたが「絵をすてきに描く」ことよりも「絵に触れる事」「楽しむ事」にねらいを置いて取り組んでいます。
 
葉物野菜
2022-02-17
保育園では毎日、給食を提供します。給食だけでなく乳児組は午前のおやつ、午後は全園児のおやつ。さらに18:30には捕食と様々なメニューや食材を1ヶ月の献立で提供しています
 
保育園で提供する食材は基本的に加熱調理したものを提供しますが、メニューとして出てくると元の形や色、手で触った感触とは違う感触を口で味わいます。
そこで、調理前の納品された状態の野菜を栄養士が中心となり、子ども達に直接触ってもらったり匂いを嗅いでみたりという体験をしていますenlightened
 
今回は2歳児のお友達が実際、その日の給食に提供されるメニューの食材に触れました。
食事は大人も子どもも楽しみな時間の一つです。楽しく、美味しくだけでなくどんな工程を経て自分たちの食事になっているのか、調理をする人達に感謝を持てるように、など心に響く体験を大切にしています。
乳児組は食材に触れたりちぎったりですが、大きい学年になれは握ったり、こねたり、型を抜いたり、皮むきしたり、包丁で切ったり、うどんを作ったりと成長を共に経験の幅や回数を重ねていきます。
 
2/15 涅槃会(ねはんえ)
2022-02-16
2月15日はののさまがお亡くなりになった日、「涅槃会(ねはんえ)」という日です。
保育園ではおつとめをしてお参りをしました。
 
幼児組はホールでおつとめに参加してから、乳児組は直接大悲願寺に行き、本堂で涅槃図を鑑賞しました。
涅槃図は横たわるののさまの周りにはお弟子だけでなくあらゆる動植物、鬼のたぐいまでが悲しみの中集まってきている様子を模したものです。
 
あらゆる生き物が悲しむ姿を見て、ののさまのお母さま・摩耶様が天からののさまが生き返るよう薬を投げてくれますが、木に引っ掛かり地上まで落ちません。
それを見たねずみが取りに木に登りますが、さらにそれを見た猫がねずみを追いかけてします。結局薬を取る事はできずののさまを生き返らせることはできませんでした。
そんな経緯があり、涅槃図に猫の姿はないとされています。
 
子ども達は神妙な雰囲気のなか、静かに理事長先生のお話を正座で聞き、お供物を頂く時は手を合わせ「ありがとうございます」と自然と言葉が出る姿はののさまだけでなく職員もうれしいです。
 
毎年、このお話を理事長先生が涅槃図を前にしてくれ、大きいクラスのお友達はよく覚えています。
お寺が隣の保育園ならではの経験だと感じます。日本の伝統文化に触れ、見て、聞いて心に残るよう大切にしています。
 
 
 
雪の中の散歩
2022-02-15
今年は雪が多いですね積もらないので助かりますが、保育園としては多少つもってくれれば子ども達と遊べるのに~という気持ちもありつつ雪の日を過ごしています
 
2/14も朝まで雪が降っていて園庭にも所々雪が残っていました。
5歳児はすぐ園庭へ出て遊び大喜びもう少し積もればソリなど出して横沢入りの山の斜面を滑り降りたいところでした。
 
2歳児は午前のおやつを済ませてから散歩へ。
足元の悪い中、そう遠くへは行けませんがそこは、増戸保育園enlightenedお寺があります。
お寺の本堂前で雪に触れたり踏みしめてみたり、存分に雪を味わいました。
 
四季折々の自然を身近に感じるだけでなく触れる事のできる環境にある保育園ということをしっかり生かしていけるよう保育に努めています。
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
034124
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627