社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
食育活動~ピザ作り~
2022-09-09
食育活動の一環で"ピザ作り"を行いました
感染対策を施しながら、好きな具材を自分の好みで乗せてデコレーションしましたenlightened
 
ピザ作りは午前中に行ったので一日、午後のおやつを楽しみにしていた子ども達
午後のおやつに焼きあがったピザが提供されると自分で盛り付けたピザが出てきて大喜び
焼き目もついて美味しそうな事
 
日々過ごす中で保育園で子ども達の楽しめる事を工夫しながら提案したいと考えています。
食育活動もできる感染対策をしながら取り組みました。楽しみながら食への興味も持ってもらえればと思います。
 
色水遊び
2022-09-08
今週末でプール遊びや水遊びが終了となります。9月に入ると晴れていても水に入るのはだいぶ涼しく感じる季節になります
それでも水の感触や水遊びは子ども達の楽しみです
 
1歳児、2歳児は乳児園庭にペットボトルのカップや色水を用意して遊びましたenlightened
カッップからカップに移す事が楽しかったり手で水の感触を楽しんだりと全身が水に入らなくても満足している様子が伺えました
 
段々と季節が移り変わり、水遊びの機会は減りますが秋の楽しみもたくさんあるので日々、工夫して過ごしていきたいと思います
 
食育活動/地域活動
2022-09-05
保育園では年間を通して様々な食育活動や地域活動を行っています。
いぜれにしても地域の方のご理解、ご協力を頂き成り立つ事が多いですenlightened
 
活動日だけではなく日頃から地域に親しみを持てるよう廊下に担当の職員が地域の地図を作ったり、食育活動に合わせて魚の写真を貼り出したり工夫しています
毎月提供される日本各地の郷土料理も日本地図に貼り出しています。
 
行事や郷土料理の日だけにならず子ども達が興味、関心を持てるよう心掛けています
 
防災の日~防災ご飯
2022-09-02
8月末から9月1日にかけて防災ご飯の実演と実食を行ってきました
密を避け学年を分散しながら防災ご飯の作る過程を子ども達に見せました。
 
ダンボール箱に入っているお米を見て5歳児は「お家では炊飯器でご飯作る」「火とかなくても作れるの」と不思議そうにお話してくれました。
 
ダンボールを開けると乾燥米がぎっしり。同じく非常用の保存水を入れ味付けに同封の若布を入れ作業としては終了ですenlightened
乾燥米や乾燥若布に触ったり匂いを嗅いだり、いつも美味しく食べているお米とは違う様子に興味津々の子ども達でした。
 
1時間30分程度置くいている間に子ども達は園庭で遊んだりそれぞれの活動をしたりして過ごしました。
 
そして、給食の時間
いつも提供されている温かいご飯とは違い温かさはありませんでしたが、事情事態時にはありがたいご飯となります。日頃から定期的に提供する事は難しいですが、日常の給食で食べる経験をする事で非常時の安心感に繋がればと思ます。
 
9/1は給食自体が防災食献立で「防災ご飯のおにぎり//豚汁/バナナ」を紙皿で頂きました。
普段の食事のありがたさを感じながらの給食となりました。
 
裏山~お寺散歩
2022-09-01
8月も後半になり、雨模様の日が続きました
水遊びやプール遊びができず、久しぶりのお散歩に出掛けましたenlightened
 
保育園裏の八十八か所巡りからお寺の裏の池で鯉の観察をしてきました。
夏の間に体も大きくなり足腰もしっかりしてきて1学期にに比べ、階段の上り下りもとても早くなりました
 
もう少し涼しくなったら横沢入りへの散歩の機会も増えていきます。
山や田畑の移り変わりがわかりやすい季節になります自然の中でたくさん過ごし、保育にも変化もたせ楽しく過ごせる様努めていきたいです。
 
甘茶作り
2022-08-31
毎年、お釈迦様のお生まれになった4/8「花まつり」の日にはおつとめをして甘茶を頂きお祝いします。
今年はその甘茶作りに挑戦しました
 
甘茶の葉っぱは「アジサイ」の一種です
保育園裏の散歩道に沢山植えてあり毎年きれいな花を咲かせ楽しませてくれます。
 
そんな身近な植物からお祝いのお茶を作れるなんて素晴らしい環境ですenlightened
初めての取り組みとなりますが今までやらなかった事がもったいないです
 
茶葉摘みは5歳児と4歳児で一緒に行いました。まだ、花の咲いている枝もあり「アジサイに似てるね」など子ども達も色々気づきがありました。
背の高い木でもあり、地域の方が先に枝を落としてくれたものから葉っぱをちぎったり、直接木から取ったりと自由に茶葉摘みを行いました。
 
その後はお茶の飲み比べをして、いざ、茶葉揉み
地域の方に教えてもらいながら昔ながらのゴザの上で揉みこみ作業を行いました。すると、緑の汁が出てきて普段、身近な自然の葉っぱを摘んでおままごとに使う時葉っぱをちぎったりもんだりこすったりする事もある子ども達。
「遊びと同じではないか」「こんなぐちゃぐちゃにしていいの」と様々な表情を浮かべながらの作業となりました
 
普段の遊びの延長線上で食べの物を作る、という繋がりを感じられたのではないかと思います。
茶葉は天気の良い日にしっかり乾燥させ、休ませ来年の4/8の花まつりで甘茶として頂く予定です。
お茶作り、野菜作り、さつまいも作り、お米作り・・・なんでも美味しく頂くまでには時間と手間がかかります。なんでも手に入りやすい便利な世の中ですが、命の大切さ、人への感謝、心遣いなど日々の保育の中で伝えていきたいです。
 
縁日遊び&お祭りランチ
2022-08-29
先日、保護者回主催で「縁日遊び」を開催しましたenlightened
ボールすくい、ボーリング、輪投げ、ヨーヨー釣りのゲームを好きな様に回り遊びました。
 
園内をお友達と自由に歩いて回る、それだけでも嬉しい事です
一つのゲームを体験するとシールをもらえ、すべて埋まると景品を頂き更に大喜び
 
0歳児から5歳児まで楽しめました。
お昼ご飯は焼きそば、タコさんウィンナー、選べるジュース、パイナップルと屋台メニューでお囃子も流れる中、雰囲気満点で頂きました
 
なかなか地域のお祭りなど開催ができていない日々が続いていますが保育園では楽しく過ごせる事を大切にしていきたいです。
 
ブルーベリー収穫
2022-08-26
毎年、地域の方のご好意により地元のブルーベリー畑でブルーベリー収穫の体験をさせて頂いていますenlightened
5歳児は保育園バスに乗り畑まで出かけました。普段、あまり乗る事のないバスにも大喜び
 
畑では地域の方に収穫の仕方などを教えてもらいながらいざ、実践
子ども達の背でも十分届く高さのブルーベリーの木一粒ずつ手で摘みながら集めていきました。
最終的にバケツ一杯分の量になりました。午後のおやつにジャムとして提供予定なので5歳児も頑張って収穫しました。
 
暑い中頑張って収穫したブルーベリーを給食の先生と一緒にジャムにしていきます
熱せられると弾け、水分が出てきて紫の色が濃くなっていく様子や水分で量が増えていく様子を見ながら「すごい~」「増えてる~」など様々でした。
 
午後のおやつでは無事全園児に提供でき、アイスクリームやクラッカーに乗せて美味しく頂きました
自分達で収穫し、頂く事は「食べて美味しい」だけではなく暑い中収穫した事やお昼寝の間に冷やし「待つ」という時間を過ごした事で命の恵みや普段、世話をしている人の苦労など知る事でよりおいしく感じるんだと思います。そういった体験を食育を通して伝えていきたいです。
 
水遊び
2022-08-25
お盆を過ぎると吹く風に秋の気配を感じます
プール遊びは楽しいですが少し肌寒くなってきます。そこで、次年度へ向けて、という事も踏まえプールの水深を浅くして水遊びを楽しみました。
 
普段はお部屋の前のタライで水遊びをしている2歳児も今回は大きいプールに入りましたenlightened
3歳児と一学年しか変わりませんが体の小さい事ゆっくり職員と一緒にプールに入ると初めは緊張していた様子の子ども達も楽しさに笑顔が見られ泣かには寝そべって遊ぶ子や水と戯れる子と様々でしたがおおはしゃぎ姿に職員の方が「大丈夫なのか」と新たな発見や喜び、驚きがありました。
 
次年度に向けてプール終了時までにまたこんな機会を設けたいと考えていますenlightened
 
稲の生長
2022-08-24
久しぶりの更新となりますenlightened
お盆休みも明け保育園にも子ども達の元気な声が戻ってきました。
 
6月に5歳児が横沢入りの田んぼに稲を植えました。その時、田んぼの会の方のご好意で一束、頂きた苗をプランターに植え、給食の先生がお世話していました。
 
毎年田んぼでの苗植えを経験させて頂き、収穫もさせて頂きますがお茶碗一杯分の収穫をするまでには多くの手間と時間がかかるという事を同時に感じます。
プランターではとてもお茶碗一杯分にはなりませんが、多くの人が関わっている事、その作業に感謝する事など毎日の「いただきます」の挨拶で意識できるよう、伝えられるよう子ども達に日々の保育の食育活動を通じて伝えていきたいと考えています。
 
順調に生長し実をつけ始めている苗田んぼの稲もですが、プランターの苗の収穫も楽しみです
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
節分会~豆まき~
2022-02-04
2/3は節分会でした
 
各学年それぞれ、自分で作ったお面と豆入れを用意し準備万端
5歳児の小鬼さんが小さいクラスのお友達のところへ登場小さいお友達もお兄さん、お姉さんの知ってる顔にあまり怖がることなかったです
 
今年の豆まきも無事終了と思ったその次の瞬間
裏山方面から赤鬼とみどりおにがっしかも、みんなの方へ近づいてきます
 
途端に「うわ~ん」「きゃ~」と阿鼻叫喚。。。
小さいクラスには大きいクラスの子が助けに行ったり、先生たちと豆をぶつけたりと踏ん張りました。
未就園児のお友達もびっくり、大泣き
 
最後は鬼は改心しみんなと仲良しになり山へ帰っていきました。
年に一度の日本の伝統行事、怖がりながらも一年の健康を願い無事終了しました。
 
消費者庁の小さい子は豆を食べる事は危険という注意喚起もあり、みんなボーロを豆替わりに頂き4歳児5歳児は豆を一粒と豆と昆布と梅と煮に出した「福茶」というお茶を頂きました。
初めての福茶、美味しかったです。
豆は「危険だからやめよう」ではなく「どうしたら提供できるか」という目線で考え見つける事ができました。
子ども達にまた一つ、日本の文化を伝えられたようで嬉しかったです。
 
2歳児 散歩~八十八ヶ所巡り~
2022-02-03
保育園の裏にはお寺の山がそびえています
お寺の入口に祀ってある石仏を筆頭に四国八十八ヶ所霊場と同じく八十八の石仏が並んでいます。八十八ヶ所お参りすると敷く霊場と同じご利益があります
 
そんな、ありがたい環境が増戸保育園の園児の散歩先や散歩道の遊び場となっています。
石仏を制覇するには山の裾野から中腹を通り降りてくる道のりが必須です
 
山といってもお参りできるよう整備されている道ですが、子ども達にとったら結構な道のりです。
2歳児も後半になると足腰もしっかりし、体力もついてくると挑戦の時期到来です
 
上りの階段も下りの階段もあるので両手を使ったり、お尻をついたり全身を使いながら自分で進んでいきます。
一通り山道を散策すると2歳児だと20~25分程度かかりますが5歳児ともなると10分のかかりません。
公園など近くにない環境で、遊具ではない環境でも体を思い切り使い様々な経験を重ねています。「住めば都」ではないですが身近にある環境でたくさんの経験ができるよう努めています。
 
4歳児 お店屋さんごっこ
2022-02-02
先日「お店屋さんごっこ」がありましたenlightened
「お店屋さんごっこ」とは名前の通り、園内で品物を絵カードや金券を使ってやり取りする行事です。
毎年、品物は5歳児の年長さんが作ってくれ、販売もしてくれます。品物だけでなく乗り物に乗せてくれるくるま屋さんや自動販売機のジュース屋さんもあります
 
4歳児以下の園児は順番にに買い物に出かけます。
売り手になる5才児もたのしみですが、買い物に行く4才児以下の園児ももちろん楽しみです
 
来年、作りてに売りてにもなる4歳児はさらに大喜び
「今度は自分たちが作ったり、売ったりするんだ~どんな品物があるのかな~」などほかの学年とはまた違った目線で参加していたようです。
 
一年でたった一日の行事ですが来年の事や自分の未来に期待や楽しみを持てるって素敵ですよね
日々の些細な事も子ども達にとっては大切なことなんだなと改めて感じました。些細な事にも目を向けられるよう保育に努めていきたいです。
 
 
1歳児 氷作り
2022-02-01
様々な事に挑戦している1歳児enlightened
散歩でもほおずきを見つけに行ったり、飼っている金魚を観察したり日々工夫しています。
 
そして、寒さの厳しい今、この寒さでしかできない事に挑戦
プリンカップなどを使い、散歩や園庭で拾ってきた木の実などを入れて氷作りを行っています
自分で選び、考えカップに好きなように入れました。
 
この寒さで氷ってしまう金魚のお家のそばにセッティング
しばし、寒さの厳しい何日か待ちます
・・・おや・・・えっ・・・まさか・・・なんで・・・氷らない
どうして~不思議です。。。
すぐそばの金魚のお家は氷が張るのに。。。
 
氷作りなんて一見、簡単そうですし置いておいても自然に勝手に凍っている氷があるのですぐできそうですが、いざ作ろうと思うとできない難しさを職員も実感です。
そんな難しさや不思議や工夫も子ども達に一緒に伝えていけたらと思います。
 
という事で引き続き、置き場所や高さなど工夫しながら氷作り継続中です
 
0歳児室内遊び
2022-01-31
寒い日が続きますね
0歳児のひよこ組はまだ体が小さい事や抵抗力がない為寒さの厳しい日は室内で過ごす事が多くなります。
 
室内でも飽きないよう遊びの工夫をしています
室内でも体を動かして遊べるようにし気分転換を図れるようにしています。
 
歩行の安定してきた子、まだはいはいの子など動きの成長により様々なので一人ひとりが楽しめる準備や順番など職員で事前に話し合い、進めていますenlightened
 
保育園は毎日、通う場所。生活の一部です。
同じ生活リズムを心掛けると共に飽きない工夫も心掛けています。
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
032967
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627