社会福祉法人|秋渓舎|増戸保育園|東京|あきる野市|保育|保育園

  • よく見て よく聞いて よく考えて そしてよい子になりましょう。
 
   
増戸保育園
 
東京都あきる野市の増戸保育園では、自然環境に恵まれた中でそこに息づく命を尊重し、さまざまな感動・体験をしつつ、自然と社会を自分の心と目でよく見て、心と耳でよく聞いて、そして考える事によって、一人一人の子供たちが内に秘めている可能性を伸ばし、未来を作り出す力の基礎を培うことを目標としています。
       
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
フォーム
 
保育士募集~施設見学できます~
2022-04-04
新年度を迎えましたenlightened
自然溢れる環境の中で子ども達と一緒に過ごしませんか?
施設見学は随時行っていますのでお気軽にご連絡下さい。
 
【募集内容】
〇常勤
〇非常勤※勤務時間等応相談
 
【常勤就労環境】
〇勤務時間 (月)~(金)8:30~17:15
      ※交代で早番、遅番など勤務あり ※16:30~17:15は終礼、翌日準備、掃除
      早番 7:15~16:00
      遅番10:00~19:15
〇土曜勤務 月1~2回 
〇夏季休暇 平日7日(7月8月)
 冬季休暇   1日(年末年始の他)
 春休暇    1日(3月)
 
 
 
どろんこ遊び~3歳児~
2022-05-18
今年の春は天気の良くない日が続きますね
園庭も湿ったまま、乾かず。。。ちょっと、大人はグチョっとなって「うわ~」と思いますが、子ども達にとっては最高の遊び場
 
園庭には井戸もあり、自分たちで自由に水を汲み出す事ができ、毎日どろ遊びに熱中しています
砂場の砂は水分を含み、お団子を作りやすい砂になっていますが、3歳児はバケツに水や砂や泥を入れて出して、の繰り返しが楽しいようですenlightened
 
そんな中でも、お約束があり、井戸の水にも限界があります。空っぽになったらその日の井戸はおしましです。
一学年で使い切る事なく、他の学年のお友達の事も考えながら使うようにしています。遊びの中でお友達の事を考えたりできるよう環境を整えています。
 
5歳児親子遠足
2022-05-17
5/14(土)は5歳児の親子遠足でした。
例年、2歳児以上の親子を対象に昭和記念公園まで行っていましたが、新型コロナウィルス感染症が流行知ってからはなかなか思うようにいかず。。。
昨年から保育園裏の東京都自然保護地区に指定されている「横沢入り」へ出かけていますenlightened
しかし、昨年度も今年も雨・・・ついてないです。
 
今年は保育懇談会も兼ねていたので、保護者が懇談会中は園児はホールで職員とゲーム、体操を楽しみました。
そして、園児の少ない土曜日だからできること「園内スタンプラリー」
園内に職員が9人隠れ、5歳児が探しシールをもらいます地図を片手に「ここじゃない」「あそこにいそう」などみんな、汗をかきながらおおはしゃぎでした
 
雨だからできない、普通にそう思いがちですが、雨だからできること、と発想を変えて前向きにとらえるように決めました
 
職員研修
2022-05-16
保育園では年に数回、職員研修を行っていますenlightened
今年一回目の研修が先日行われました。
 
研修も毎回、テーマはどんな事にしようと職員に学んで欲しい事や園としてやっていく事を中心にテーマを決めています。
今回は「SDGs」と「保育所保育指針~環境についての学び~」という事にポイントを絞って研修に臨みました。
 
SDGsは保育園で取り組んでいる園も多く、増戸保育園だったらどんな事ができるかなとグループに分かれて意見を出し合いました意見を出していくと「お、すでにやってるじゃないか」という事もありましたが、改めて世の中のニーズに合わせた保育の必要性を感じました。
 
残食のなくし、職員の学び、散歩先での動植物との出会い、道路を歩くなどなど、たくさんの意見が出ました。
日々の保育園の生活を見直すとともに今後はSDGsも意識しながら努めたいと思います。
 
食育~郷土料理~
2022-05-13
保育園では昨年度から毎月10日前後に日本各地の味を楽しむ「郷土料理」の日を設けていますenlightened
毎月1回の提供ですが、地元野菜を使ったメニューや子ども達に特に好評だったメニューは定番メニューとして普段の給食に登場する事もあります
 
今月の郷土料理は「静岡県・桜エビのかき揚げ丼」
桜エビは小さく揚げてしまうと色や形状がわかりにくくなってしまうので事前に桜エビの写真の資料を張り出すなどどんなものなのか、給食で食べる前にわかるよう示しておきました。
 
かき揚げ丼はサクサクでタレのめんつゆの掛かっている部分はしっとりで食べやすく、子ども達にも好評でした
 
食べ始めに「点々と見える黒い点は桜エビの目なんだよ」と知らせると「え~っ」と驚く子ども達でしたが初めての事に触れたり、知ったりする事で子ども達の興味が広がるよう働きかけています。
 
ぼたんの花~2歳児~
2022-05-12
隣の大悲願寺は「花の寺」としても知られています。
春のこの時期は様々なお花が咲いて楽しませてくれます
 
毎年ゴールデンウイーク頃はぼたんの花がとてもきれいですが、雨に弱く、散るのも早いです。
2歳児は散歩に行き、ぼたんの散った花びらを拾ってきて色水遊びをしました
 
量はたくさんはありませんでしたがきれいなピンク色の水にみんな大喜びでした。
これからの季節は横沢入りに桑の実拾いに出かけ、煮だした汁で自分たちのランチョンマットを染めたりします。
 
保育園の周りにある自然で遊びを見つけ、生活の一部になる。素敵な事だと感じています。
子ども達が興味、関心を持てるような環境作りに努めていきます。
 
夏野菜植え
2022-05-11
夏の向けて畑に夏野菜の苗を植えました
各学年、育てる野菜を決めました。
 
畑はのらぼう菜を植えていた所へ夏野菜を植えました。
四季折々、様々な野菜の生長を見ながら収穫を楽しみにできるようになっています。
また、育った野菜は収穫後、今年はピザにして食べる予定です
 
昨年まではプランターで育てていましたが、今年は土壌を畑に移して育成です
畑の畝作りや草むしりを職員で行いました。子どもに伝えたり知らせたりすることは職員も体験してみる。大切にしていきます。
 
絵画指導~5歳児~
2022-05-10
保育園では外部から絵画の先生を招いています。
4月は5歳児が絵画指導でした
 
絵画指導は主に絵の具を使います。
赤、青、黄、白の4色の身です。えっ・・・4色で何を描くのと思いますが、4色を先生と一緒に混ぜていく事で何色もそれぞれの色合いで色を作る事ができますenlightened
 
1回目は物を見て描くのではなく、4色で様々な色を作りました。
絵の具が混ざって様々な色に変化していく様子に驚いたり、喜んだり楽しみました。
子どもの興味や関心が広がる様子も見て取れました。日々の保育に繋げられるようにしていきたいです。
 
月ごとのに3歳児、4歳児も楽しんでいきます。
 
園庭遊び~0歳児~
2022-05-09
保育園で一番小さい0歳児のお友達も入園して1ヶ月経ち、生活にもだいぶ慣れ園庭で遊ぶ天気の良い日は園庭で遊ぶ機会が増えてきましたenlightened
 
乳児用の園庭は人工芝が敷き詰めてあり、ログハウス風のお家やいもむしのトンネルが置いてあります。
1歳児の音立ちも一緒に遊ぶ事もありますが、桜のはなびらや実を人拾ったり風を感じたり、はいはいしたり遊んでいます。
笑顔の見える日も増えましたが、戸外で過ごすとより一層気分が変わるようで気分転換になります。
 
一人で歩けるようになったら乳児専用園庭以外でも遊んだり、散歩にも出かけます。
子ども達それぞれにあった自然環境を提供していきたいです。
 
仕掛け絵本
2022-05-06
春は各業者から新年度の新しい絵本を寄付してくれます。
図鑑のような絵本も多く、子ども達の大好きな昆虫も載っていて夢中になっています。
 
ページを開くと仕掛け絵本が動く仕組みになっています。
子どもだけでなく大人も「どうなってるの」と気になり、遊んでいる子どもに「ちょっと、見せて見せて~」と借りて仕組みを見るほどでした
 
その中の一つを真似て手作りしてみましたenlightened
フライパンとフライ返しに乗った目玉焼きやウィンナーを動かすと仕掛けがありジュ~ジュ~シャカシャカ音がするんです
仕掛けは簡単ですが、誰もが惹きつけられる仕組みです。簡単な事でも気づいたり物にする事が難しく大変な事ですね。
 
 
手作り、仕掛けおもちゃ楽しんでくれるといいです
1
 

令和3年度

令和3年度
フォーム
 
横沢入り散歩
2022-02-21
寒さの厳しい日が続きます
横沢入りでは先日降った雪がまだ残っています
 
3歳児散歩に出かけ残り雪で遊んできましたenlightened
冷たかったですが、ちょっと固くなった雪を踏んで感触を楽しんだり触ったりし楽しみました。
この時期、田んぼに氷も張っていてスケートもできます。一年通して新たな発見や楽しみがある横沢入りです。
 
見る、聞く、だけでなく触れたり感じたり、五感を使って自然の移り変わりを感じる事で豊かな心の成長の糧の一部になると良いです
 
絵画指導
2022-02-18
毎月1回、3/4/5歳児は外部講師の先生に絵画指導を受けています
2月は4歳児でした。
 
毎月、講師の先生が用意してくれる題材を描きます。
今月は冬ならではの「毛糸の帽子」でしたenlightened
 
白・黄・赤・青の4色の絵の具を自分で調整し色作りをしていきます。
紙の大きさもみんな同じものですが、描く作品が大きくなり紙からはみ出しそうになると紙を足していきます。
制限を設けることなく子ども達の心の赴くままに描き進めていきます。
 
3学年、様々な題材を描きましたが「絵をすてきに描く」ことよりも「絵に触れる事」「楽しむ事」にねらいを置いて取り組んでいます。
 
葉物野菜
2022-02-17
保育園では毎日、給食を提供します。給食だけでなく乳児組は午前のおやつ、午後は全園児のおやつ。さらに18:30には捕食と様々なメニューや食材を1ヶ月の献立で提供しています
 
保育園で提供する食材は基本的に加熱調理したものを提供しますが、メニューとして出てくると元の形や色、手で触った感触とは違う感触を口で味わいます。
そこで、調理前の納品された状態の野菜を栄養士が中心となり、子ども達に直接触ってもらったり匂いを嗅いでみたりという体験をしていますenlightened
 
今回は2歳児のお友達が実際、その日の給食に提供されるメニューの食材に触れました。
食事は大人も子どもも楽しみな時間の一つです。楽しく、美味しくだけでなくどんな工程を経て自分たちの食事になっているのか、調理をする人達に感謝を持てるように、など心に響く体験を大切にしています。
乳児組は食材に触れたりちぎったりですが、大きい学年になれは握ったり、こねたり、型を抜いたり、皮むきしたり、包丁で切ったり、うどんを作ったりと成長を共に経験の幅や回数を重ねていきます。
 
2/15 涅槃会(ねはんえ)
2022-02-16
2月15日はののさまがお亡くなりになった日、「涅槃会(ねはんえ)」という日です。
保育園ではおつとめをしてお参りをしました。
 
幼児組はホールでおつとめに参加してから、乳児組は直接大悲願寺に行き、本堂で涅槃図を鑑賞しました。
涅槃図は横たわるののさまの周りにはお弟子だけでなくあらゆる動植物、鬼のたぐいまでが悲しみの中集まってきている様子を模したものです。
 
あらゆる生き物が悲しむ姿を見て、ののさまのお母さま・摩耶様が天からののさまが生き返るよう薬を投げてくれますが、木に引っ掛かり地上まで落ちません。
それを見たねずみが取りに木に登りますが、さらにそれを見た猫がねずみを追いかけてします。結局薬を取る事はできずののさまを生き返らせることはできませんでした。
そんな経緯があり、涅槃図に猫の姿はないとされています。
 
子ども達は神妙な雰囲気のなか、静かに理事長先生のお話を正座で聞き、お供物を頂く時は手を合わせ「ありがとうございます」と自然と言葉が出る姿はののさまだけでなく職員もうれしいです。
 
毎年、このお話を理事長先生が涅槃図を前にしてくれ、大きいクラスのお友達はよく覚えています。
お寺が隣の保育園ならではの経験だと感じます。日本の伝統文化に触れ、見て、聞いて心に残るよう大切にしています。
 
 
 
雪の中の散歩
2022-02-15
今年は雪が多いですね積もらないので助かりますが、保育園としては多少つもってくれれば子ども達と遊べるのに~という気持ちもありつつ雪の日を過ごしています
 
2/14も朝まで雪が降っていて園庭にも所々雪が残っていました。
5歳児はすぐ園庭へ出て遊び大喜びもう少し積もればソリなど出して横沢入りの山の斜面を滑り降りたいところでした。
 
2歳児は午前のおやつを済ませてから散歩へ。
足元の悪い中、そう遠くへは行けませんがそこは、増戸保育園enlightenedお寺があります。
お寺の本堂前で雪に触れたり踏みしめてみたり、存分に雪を味わいました。
 
四季折々の自然を身近に感じるだけでなく触れる事のできる環境にある保育園ということをしっかり生かしていけるよう保育に努めています。
 

令和4年度(2022)

令和4年度(2022)
qrcode.png
http://masuko-hoikuen.com/
モバイルサイトにアクセス!
029175
<<社会福祉法人秋渓舎増戸保育園>> 〒190-0141 東京都あきる野市横沢134 TEL:042-596-4627